山菜のアク抜きと下処理

スポンサードリンク

フキノトウのアク抜きについて

フキノトウ

フキノトウはとても強い苦味とアクがある山菜です。
フキノトウを切ると断面がすぐに褐色に変色してしまうのは
アクの強さを示しています。

 

フキノトウ独特の春の香りとほろ苦さを
美味しく味わうためには
アク抜きをしましょう。


準備するもの

鍋 … 一つ

 

水 … 適量

 

塩 … 人差し指と中指と親指でつまんだ程度

 

 

 

 

フキノトウのアク抜き方法

鍋にお湯を沸かします。

 

フキノトウはキレイに洗い
茶色くなっている切り口が部分を
切り落とし水にさらしておきます。
(水に浸けておかないとすぐに切り口が
茶色くなってしまいます)

 

鍋のお湯が沸いたら塩をいれ
フキノトウを入れます。

 

約3分位茹でて
すぐに冷水にさらし
フキノトウを冷まします。

 

フキノトウを冷ますと同時にアクが抜けるのだそうです。


 

フキノトウが冷めたら
アク抜き完了です。

関連ページ

ウド/独活
シャキシャキとした歯触りと独特の風味が特徴のウドは春を味う山菜として人気がありますが、そのウドのアク抜きについて紹介しています。
ワラビ
ワラビはとてもアクが強く、毒性もあるので必ずアク抜きをする必要があります。 こちらではワラビのアク抜きの方法を紹介しています。
タラの芽
タラの芽は天ぷらで食べる事が多くその場合、下処理はしませんが他の調理方法を用いる場合は下処理をします。こちらではそのタラの芽のアク抜きについて紹介しています。
タケノコ
タケノコは掘った瞬間からアクが増えていきますのでアク抜きの処理は早ければ早いほど良いとされています。 こちらではタケノコのアク抜き方法を紹介しています。
ウワバミソウ(ミズ/カタハ)
ウワバミソウはアク抜きの手間も少ないことから人気の高い食材です。 そのウワバミソウの下処理の方法を説明しています。