ムカゴ

スポンサードリンク

ムカゴについて

ムカゴ

ムカゴは一般的にヤマノイモ科ヤマノイモ属の自然薯のツルになる
肉芽の事を言い
秋になると自然薯のツルの葉の付け根辺りに沢山付きます。
自然薯と同じく美味しい食材となります。
ムカゴは10月ごろから収穫の時期を迎え
11月辺りまで楽しむ事ができます。
ツルについたムカゴを指で触った時にポロリと取れる頃が
完熟の状態です。
時折スパーなどでもムカゴをパックに詰め販売しているのを目にしますが
すぐに売れてしまうようです。
皮をむいたりといった面倒な処理がないので
人気がある食材のようです。


ムカゴの食べ方

ムカゴはキレイに洗って
枝豆のように塩ゆでするだけの簡単調理で
美味しい一品になります。
ビールなどのおつまみに良く合います。

 

またお米と一緒に炊いて
ムカゴご飯にするとモチモチととても美味しく頂くことができます。
その他にも味噌汁やお吸い物の具材として
茶わん蒸しやかき揚げの具材としてもとても美味しいです。

ムカゴに含まれる栄養素

ムカゴ

ムカゴは自然薯と同じくとても栄養価が高い食材です。
ムカゴに含まれるアミラーゼなどの酵素は澱粉を含む食材の消化を助け
生殖能力を高めるとされるアルギニンという酵素も豊富に含まれています。
またヤマイモなどに多くふくまれている粘りの成分
ムチンは細胞の増殖機能や新陳代謝を促進されるとされ
血糖値の上昇を抑制したりコレステロール値を下げる効果があるとも
言われています。


関連ページ

アサツキ(浅葱)
アサツキは漢字では「浅葱」と書きますが、実はネギとは違う独立した種類の山菜なのです。 そんなアサツキについてや食べ方や含まれている栄養素について書いてあります
フキノトウ/ふきのとう/蕗の薹
フキノトウは日本全国の至る所でみることができる山菜で原産は日本です。春の山菜料理には欠かせない食材の一つですがそのフキノトウの食べ方や栄養について書いてあります。
ウド/独活
独特の香りとシャキシャキとした歯触りで人気のウドの食べ方や栄養などについて書いてまります。
セリ(芹)
春の七草の一つとしても有名なセリ(芹)。 競り合うように群生するさまからこの名前が付いたともされているせりの食べ方や栄養について書いてあります。
タラの芽
山菜の王様とも呼ばれているタラの芽は春の山菜には欠かせない食材の一つとも言えます。 そのとても人気の高いタラの芽の食べ方や栄養について書いてあります。
つくし(土筆)
日本の至るとことに自生し、どこでも気軽に採取することが出来るつくしにの食べかたや、含まれている栄養についてかいてあります。
ノビル(野蒜)
土手やあぜ道など、日本各地の身近な所で見られるノビル(野蒜)の食べ方や含まれている栄養について書いてあります。
ノブキ(野蕗)
ノブキ(野蕗)は日本原産の植物でフキノトウの地下茎から出てきた葉の部分や柄の部分の事を言います。そのノブキ(野蕗)の食べ方や含まれている栄養について書いてあります。
ヨモギ(蓬)
食用だけではなく古くから生薬としても用いられてきたヨモギ(蓬)についてあ食べ方、含まれている栄養などについて書いてあります。
三つ葉
葉が三つに分かれている様から名前が付いたとも言われている三つ葉はスーパーで売られているものよりも天然ものは葉が大きく茎も太く味や香りがしっかりしています。 その三つ葉の食べたや含まれている栄養について書いてあります。
コゴミ/コゴメ
山菜料理の定番の一つとも言えるコゴミについてや食べ方、含まれている栄養についてなど書いてあります。
コシアブラ
独特の香りと苦みを持ち山菜の女王とも呼ばれているコシアブラについてや食べ方、含まれている栄養についてなど書いてあります。
タケノコ(筍)
成長が非常に早いタケノコは春の味覚の代表格です。 そのタケノコについてや食べ方や含まれている栄養について書いてあります。
ワラビ(蕨)
春の山菜と聞けばワラビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 そのワラビについてや食べ方、含まれている栄養などについて書いてあります。
行者ニンニク
近年の乱獲によって自生数が激減してしまった行者ニンニク。 その行者ニンニクについてや食べ方、含まれている栄養などについて書いてあります。
ウワバミソウ(ミズ/カタハ)
各地で様々な呼び名があるミズ。 クセが少なく料理がしやすいので人気の山菜の一つと言えるみずの食べ方や含まれている栄養などについて書いてあります。
自然薯/ジネンジョ
自然薯は身近な所にも自生していますが掘り起こすのがとても大変です。 その自然薯につてや食べ方、栄養などについて書いてあります。